【こころ】不安になるときどうするか

いろいろうまく行っていないと不安になります。

 

私は朝、目覚めると、「そういえばあの問題の解決策はまだ見つかっていなかったな。」などと、ベッドの中で考え始めます。

結局は堂々巡りになり、あの人から「なんでできないの?」と責められる気持ちになります。

不安なことが複数あると、複数の人から責められることになり、会社へ足が向かなくなることになるのです。

周りが敵に感じてくるのです。

 

加えて、私も「責任を果たさなければ!」と自分を追い詰めます。

 

もう少し自分に甘やかしたり、周りの人を信頼して頼ったりすれば良いと、カウンセラーさんから教えられ、少しできてきたように思います。

 

自分一人で背負い切らないとはそういうことなのかもしれません。

 

甘え、信頼しよう。

【日記】まじめだね

よく私は他人から「まじめだね。」と言われます。

 

それが仇(あだ)になって自分を苦しめているのではないかと気づき、緩めようとするのですが、やっぱりまじめに戻るのです。

 

少なくてもプライベートはまじめを忘れたいので、お笑い番組を見るようにします。

【所感】自動に作られる悪いイメージ

自分の頭の中で、自動に作られる悪いイメージが、自分に不安を与えているのでは、ふと思いつきました。よくある私の頭の中で思い描く悪いイメージは、人から責められることです。

この悪いイメージは実際には無いのにもかかわらず、自動で作り上げられ、自分自身を萎縮させます。ひとりから責められるならまだしも、いろんな人から責められると、あれこれといろんな仕事を手をつけて、結局は何も進まないことがよくあります。集中できないのです。

仮に、そのイメージを別の良いものに変えたり(うまくいったねと言ってもらえるなど)、または目の前にあることにとにかく集中し悪いイメージを脇に置いたり(瞑想のように)することがてきれば、不安は取り除かれていくのではと思うのです。

さて、いざ不安が現れたときに、このような転換を忘れずにできるか。または、忘れてはいないが、転換は難しいか。

しばらくエクササイズと思って試してみます。

【所感】私のスキルや知識が問題ではなく人間関係の問題では?

私には技術が無い、スキルが無い、知識が無い、と言って、頑張ろうとするがどうも別の問題のような気がしました。

 

最近、エクセルでグラフを作ることが多いのですが、とにかく時間がかかる。それは自分の作業が遅いせいと思っていました。しかし、どうもパソコン本体が遅いようで、他のパソコンだとサクサクできました。

 

また、私がエクセルで頑張らなくても、大容量の数値データを扱うソフトがあったり、大容量のデータの取り扱いに詳しい人にお願いしたりすることができるのです。

 

ですから、人にお願いや相談しても良いのです。しかし、自分でやろうとうする。これはスキルや知識の問題ではなく、人間関係の問題なのではないかということです。私は誰かにお願いしたり、頼ることが苦手なのです。お願いしたり誰かを頼りにすることは、私のプライドのようなものが邪魔をしてそうさせてくれないよう気がします。

 

下記のブログを見てそう感じました。

https://cyblog.jp/31813

 

「自分を苦しくします」という言葉が響きました。

【所感】たくさんの人と仕事をするということ

今日はどうしても緊急で、やらなければならない仕事が発生しました。そんな時にやることは、どうしたらたくさんの人に仕事を分担させることができるか、任せることができるかです。

そして、それぞれの仕事を合体することで最終的な仕事が出来上がります。

そうするためにやることは、下記のようなことでしょうか。

1.最終的なアウトプットを明確にイメージする

2.ストーリーを作る

3.ストーリーをつなぐ各ページの枠を作る

4.各ページの枠を埋めてもらう

 

1〜3は、私がやること、4は人にやってもらうことです。

気をつけることは、3では本当にその枠で良いのか、不足はないのか、4では実際にやってもらうことはできるのかということです。作業する人になって考えなければなりません。

日々学びがありますね。

【所感】ゲームの中で貢献感を感じる

私は普段ゲームはしないのですが、スマホでできる「どうぶつの森ポケットキャンプ」を始めました。

これ、ちょっと面白いですね。何が面白いかというと、

貢献感を感じる

のです。

 

ゲームの中で、家具などを作り自分のキャンプ場を作ります。この自分のキャンプ場にどうぶつ達を招待し、楽しんでもらうことができます。このどうぶつ達は、私に話しかけて、「このキャンプ場は楽しいですね!」って言ってくれるのです。

 

そう言ってくれると、

どういうキャンプ場にしようか?

家具を作るためのアイテムを手に入れよう!

などとさらに行動的になるのです。

 

実際の仕事でもこういう好循環になると理想的ですね。

しばらくこのゲームを通して、貢献感やゲーミフィケーションの仕組みを考えてみます。

【こころ】カウンセリングの効用

カウンセリングによって、気づきがあって、背中をしてくれるのですが、改めてどんなところが良いのか、振り返ってみました。

カウンセリングのように、一対一で深めていくと、内省が得意な私でも1人ではできないような思考の深め方ができるのです。

 

1.見えないところに光を当ててくれる

2.光が当てられてもなかなか見えない時もあるが、そこへ目を凝らす時間を与え、深めるように導いてくれる

3.自分が気づかなかったこと、薄っすら気づいていたがよくよく見ていなかったこと、をよく見るように導いてくれる

 

思考癖というものが私自身にありそれがなかなか見渡せないところがあるんだと実感しました。